Share!

← 【#0033】                               【タイムくん特集】→


ここがポイント:いざめざせやTT兄弟!もといT型人材。


みなさん、こんにちは。また月曜日がやって来ました。

今ならもう時効だと思うんで恥を忍んで言っちゃいますけど、実は先々週はうっかり寝坊してしまって朝8時の更新予定が朝9時になっちゃいました。当日は焦って大人の事情とか言っちゃいましたけど、どちらかというと新米社員の実情って感じになっちゃってました(照)

さて、HRテクノロジーの話は最近よく耳にするようになりましたけど、みなさんの会社では人事領域でのテクノロジー導入は進んでますか?

うちの会社は人事ロボのヒューマさんが新しく入ってきたくらいで、それによって何か変わったかって言われたら、部長がロボットにまで煽られて益々肩身が狭くなってるくらいなのですが、ただこれってもしかしたらパワハラとかセクハラとかもモラハラとかよりも新しいハラスメントの形ロボットハラスメントロボハラ)の最新事例なんじゃないかと思ってハラハラして見てるんですけど、ヒューマさんの人事評価は誰がやってるんですかね?そして、ROIはどうなってるんでしょうね?…ってちょっと気になったりする程度には僕もデータ業界の人間になってきました。

噂によるとヒューマさん、結構高額だったらしいです。そして、これも噂で聞いた話なんですけど、部長がTT兄弟信者みたいになっちゃったのも、ヒューマさんのロボハラのせいらしいです。

こうなったら、僕もいっそ世の中にあるTを部長と一緒に探しTみようかと思っTます。

それではまT来週、月曜日の朝にお会いしましょう!先週のマンガを見逃しT方は、こTらをどうぞ。1話目から読むにはこTらをどうぞ!「タイムくんの特集ページ」へはこTらから。TTT!TTTT!

(時田T夢)


この記事を読んだあなたにオススメの記事


I型、T型、Π型… あなたは何型の人材タイプ?キャリア形成に役立つ人材タイプの分類法と新登場の「J型人材」とは?

愛知県碧南市に本社を構える旭鉄工はIoTモニタリングを活用することで自社工場の効率化を成功させました。その数年後、IoTモニタリング技術と自社で蓄えたノウハウを使い、同じ問題を抱える他の中小企業の工場の効率化を支援しようと、工場にIoTを導入し、生産効率を上げることに特化した子会社i Smart Technologies(以下、iSTC)を設立しました。 工場のIoT化にはどのようなメリットがあるのでしょうか?なぜIoTを導入することで生産効率が上がるのでしょうか?そのノウハウを他の工場に公開する真の狙いとは?iSTCの執行役員COOである黒川龍二氏にタイの工場で話を聞きました。 続きを読む


沸騰するHRTech、近視眼にならないために……。

日本国内で労働力人口の減少が見込まれている中、働き方改革やダイバーシティー推進の観点からも「HRTech」(人事業務の効率化)が急速な盛り上がりを見せている。

情報・通信分野専門の市場調査機関「ミック経済研究所」による調査によると、HRTechのクラウド市場の規模は179.5億円で、2018年度には前年比139.7%の250.8億円と大きく成長。2019年もさらなる伸びを期待でき、同調査では2023年度に1,000億円以上の市場規模を予測している。

しかしHRにまつわる業務は多岐にわたり、おのおのの役割・施策に応じてサービス・機能が分散化しているHRTech市場は、一種の“ガラパゴス化”の様相を呈している。これからのHRTechの展望について、株式会社アクティブ アンド カンパニー代表取締役社長 兼 CEOの大野順也氏にお話を伺った。

続きを読む


特集:『HRテック』

人事の分野にテクノロジーが導入され始めたのは他の領域に比べて随分最近ですが、最近では採用だけでなく、あらゆる人事関連の業務に導入されつつあり、注目されている分野だと言えます。

この機会にぜひHRテックについての記事をまとめ読みしてみてはいかがでしょうか?

続きを読む


May the data be with you!  | データのじかんについて

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「ライフ」ランキング

人気のカテゴリ