Share!

他の会社ではどんな使い方をしているのか(事例紹介)

BIツールを選ぶ際には、ITの専門家でなくても使うことができるようなものがいいでしょう。

「情報を集めてもBIツールの活用が難しい」という場合も多いので、企業で全社、全社員がBIツールを活用するためには、定期的な研修や担当者が巡回することが必要です。BIツールを導入し業務の効率化を実現した事例として、従来のExcelや手書きによる帳票作成をBIツールに移行したことで時間の短縮・コストの削減を達成したケースがあります。BIツールを活用している企業ではペーパーレス化も進んでいます。

また、レポート作成のスピードの遅さの課題をBIツールによるデータの可視化で解決し、レポート作成コストの大幅削減と経営判断のスピードアップが図れたケースなどもあります。グループ会社のIT化の必要性からBIツールを導入した企業では、グローバルレベルでのデータの分析や最適化が可能になり、拠点ごとにバラバラだった企業情報も日次で管理して改善を迅速に行えるようになりました。

このように、BIツールを企業全体で活用しスピーディーな情報分析をすることで、企業のマーケティング戦略が的確になり業績を上げることも期待できます。

参考URL
【コラム】誰もが情報活用できる BI導入のあるべき姿とは?: 
http://www.wingarc.com/product/bi/column160701.html

(データのじかん編集部)


この記事を読んだあなたにオススメの記事


BIのトリセツその1 : 「BIツール」の使えるかどうかのを判断するための基礎知識

ビジネスインテリジェンス)ツールとは、データを収集し、集計・分析、見える化することで、意思決定の精度とスピードの向上そして業務の効率化・改善はもちろん、ビジネス変革をも可能にするツールです。業界用語的にはBI、またはBIツールと呼ばれます。 活用次第で大きなメリットが得られますが、その一方でハードルが高いと不安に感じている人が多いのも事実です。この「トリセツ」ではそんな方々のために、わかりやすくBIツールを解説し、ビジネスデータの新たな活用方法を提案します。 続きを読む


8年連続ビール系飲料シェアNo.1!アサヒビールの快進撃を支えるBIツール

「スーパードライ」に代表されるビール類市場で、2010年から8年連続シェアNo.1を続けるアサヒビール。好調の秘密は、売上の70%を占める量販店への営業活動にあります。BIツールを活用した営業変革について、アサヒグループのITを統括するアサヒプロマネジメント株式会社の清水博さんにお話を伺いました。 続きを読む


「エクセル」でできること、「脱エクセル」すべきこと、「超エクセル」を目指すべきこと、知ってるようで知らないその違いと理由とは?

1980年代に発売されて以降、エクセルはワードプロセッサーやプレゼンテーション、さらにデータベースと共に、オフィス・アプリケーションを代表する存在です。Windows95が導入された以降のオフィスで働いたことがある方であれば、ほとんどの方は使ったことがあるツールではないでしょうか。 続きを読む


May the data be with you! | データのじかん データのじかんについて


 

1 2

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「データ活用」ランキング

人気のカテゴリ